押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
c0115922_10205859.jpg雨もよいの、先週18日に、高校時代の友人が、東御市八重原にオープンした、シェークスピアガーデンにお邪魔してきた。前後すごい雨だったのに、お庭を拝見するときにはなんと止んでくれて、雨に洗われて、緑が増したお庭を楽しむ事ができた。作り始めて3年目、シンボルツリーの桑やオークはまだ小さいが、育ってきて木陰を作ってくれるようになったら、また違う風情を楽しむ事ができるだろう。「真夏の夜の夢」の妖精が休む天蓋は2種類のスイカズラ。甘い香りが夢を誘うようだ。ガーデンハウスも、シェークスピアの生家に似せた凝り様。彼女手描きのはがき大のボタニカルアートには、原文でその花の出てくる場面とと、どの作品に出てくるのかが書かれている。彼女は原文で読んだそうだが、物語を読み直すだけでも花に対するイメージや、、庭の楽しみ方が違ってきそうだ。「ハムレットボーダー」「夏の夜の夢ボーダー」「ホワイトボーダー」「ベリーガーデン」等テーマに沿って廻ると、日頃見慣れた花もまた違った感覚で眺められるのが不思議だ。駐車場が狭いのが難点だが、近くの野外ステージや、明神館、梅野記念美術館の駐車場をお借りすれば対応できる。梅野美術館で展示されている作品を楽しんだり、明神館で入浴を楽しんだりを、コースの中に含めたら楽しい1日を過ごせそうだ。お邪魔した日は、アップリケの宮脇綾子展が開催されており、古着の布の芸術に圧倒された。この何気ない布地がこんな風に生かされるのだと、目からウロコ。明治時代の人なのに、この斬新な発想、一見の価値ありです。
c0115922_10182073.jpg
c0115922_1020326.jpg
[PR]
# by hanahenro | 2011-06-26 10:21 |
焼け付くような、真夏ともいえる、強烈な日差しの中、南城公園にて「親子ワクワクフェスティバル」が開催された。対象は市内の小学生以下の子供たちとその家族。マジックショー、歌と踊り、絵本の読み聞かせ、手作り体験等さまざまな催し物。鉢花のプレゼントや、飲み物のプレゼントも。我々国際ソロプチミストは、ヤクルトを800本用意した。子供たちと挨拶を交わしながら、飲み物を手渡す。「コンニチワ」「アリガトウ」と大きな声で言う子、モジモジする子、貰うのが当然という顔をする子、自分は遊んでいて親が貰いにくる家庭と様々。最初は黙っていても、こちらから声掛けすると、たいていは挨拶を返してくれる。「今時の子は挨拶がなってない」と嘆くのではなく、周りが挨拶をする習慣を示せば良いのだと納得。
あんなに暑かったのに、翌日からは、雨模様のうって変わった寒い日が続いた。こんなに気象の変化が激しいと、体がついていかなくて、体調を崩す人も多いと思う。皆さん、お気をつけて。
c0115922_19574050.jpg
c0115922_19581399.jpgc0115922_19583611.jpg
[PR]
# by hanahenro | 2011-05-24 19:59

到達証明書ゲット

先日の、「日本で海岸線から一番遠い地点」の到達証明書を、娘の亭主が持ってきてくれた。写真を持参したら、すぐ発行してくれたとか。この連休中、かなりの人数訪れたらしい。彼のすぐ前には神奈川から来た人が居たとか。標識裏に備え付けられたノートも、県外からの入り込み客が多い事を示していたが、結構知られている事を再確認した次第。これからもアンテナを高くし、あちこち足を延ばしてみたいと思う。
c0115922_15495863.jpg
c0115922_15502747.jpgc0115922_1553452.jpg
[PR]
# by hanahenro | 2011-05-07 15:53
娘のつれあいが、ゲットした情報により、「日本でいちばん海岸線から遠い地点で寿司を食おう!」ということで、佐久市田口(旧臼田町・田口峠)へミニ登山。つれあいはスーパーで寿司購入。私と娘はオーソドックスにおにぎり。途中にある「雨川ダム」で神秘的なエメラルドグリーンに魅せられつつ、いざ登攀開始。約2キロの道程だが、1キロ位は比較的なだらかで、「お散歩気分だね」と鼻歌まじり・・・切っ欠いたような泥岩の形状に驚いたり、小さな滝を作りながら流れる川のせせらぎに癒されたり、顔を出し始めたコゴミや、シロバナエンレイソウ、ハシリドコロなどを愛でながら、余裕だったが、後650メートルという所からは、キツイキツイ!道は細く、石ころだらけで、標識が無ければ、本当にこの道で良いのかと不安になるようだ。でも絶妙なタイミングで標識があり、確実に登っているのだと確認できる。残り100メートルの標識を見たときは、元気百倍。どんなにきつくてもあと少しだと・・・道上に到達地点と喜んだが良く見ると矢印、がっくりしながら右上を見るとポールが立っている。最後の急坂もなんのその一気に駆け上る。佐久市役所に申請すると、到達証明書がもらえるのだとか、早速記念の写真撮影。標識裏にはノートが備え付けられていて、いろいろなメッセージが・・・さまざまな人間ドラマが垣間見える。我々の後からも3人連れが登頂。証明書用の記念写真を撮って、さっさと引き上げ。私たちはその場で昼食タイム。寿司も分け合って味わう。下りは気をつけなければと言いながらも、帰路はすごく早く感じる。手軽で身近な山登り気分を味わえる場所だ。但し足元だけはしっかりと身支度していく事をおススメ。
c0115922_1055737.jpg
c0115922_1062771.jpgc0115922_107952.jpg
[PR]
# by hanahenro | 2011-05-05 10:07

小さな募金活動

ようやく、桜が三分咲きになった懐古園・紅葉ヶ丘で、SI小諸恒例の「春の呈茶」が16日開催された。
震災の影響や、桜がまだまだということで、例年よりはお客様も少なかったが、ユニセフ募金と震災救援募金をあわせ行ったところ、まずまずの募金があった。連日新聞やテレビで報道されているため、皆の共感を得られたという事でしょうか?
早く終息して、平常の生活に戻れることを切に望みます。復興には長い年月と多額な資金を要しますが、私たちに出来る事を地道にやっていく事しかできないと思います。国が拠出するといっても、結局は国民全部に負担が掛かって来るのだけれど、その時私たちがどの程度自分の問題として認識できるか、覚悟が試されるのでしょうね。
c0115922_15385958.jpg
c0115922_15391716.jpgc0115922_15393771.jpg
[PR]
# by hanahenro | 2011-04-23 15:39