押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

甲州へ

真夏の太陽がジリジリと照りつける酷暑の中、毎度おなじみ「小諸商工会議所女性会」の小旅行で、お隣の山梨県へ行きました。先ずは「サントリー白州工場」へ。樽を焼いて消毒する作業や発酵槽、蒸留釜等を見学。緑に囲まれた広大な敷地に圧倒されたり、貯蔵庫では天使の分け前を作り出す蒸発し続けるアルコール分にもう半酔い状態になったりしながらも、試飲会場では飲めないくせに、思わず手を出してしまう。10年物のさらっとした飲み口、12年物のまろやかな味わいを楽しむ。石和温泉に足を延ばし、懇親を深めながらの昼食を堪能した後、明野のひまわり園へ。見渡す限り、同じ方向を向いて、背丈も揃った黄色い太陽の群生は力強く私たちに迫る。本当は涼しげな花の下で憩った方が良さそうなのに、夏をしっかり感ずるこんな療法も有りかなと思ってみる。
最後は「平山郁夫シルクロード美術館」なぜか懐かしい仏陀たちや、シルクロードの世界に足を踏み入れ、しばし遠い異国をしのぶ。
c0115922_9462627.jpg
c0115922_946543.jpgc0115922_9471970.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-07-31 09:47
雨もよいの4日、下諏訪駅に集合し、塩尻宿目指して歩いた。要所要所に標識が在るので、ほとんど迷わないが、1ヵ所判断に迷う場所があったが、一人旅の女性が間違って引き返してきたところに出会い、危うく難を逃れた。峠に差し掛かるまでの間、雨足が激しくて危ぶまれたが、さいわい今回も晴れ女がいたらしく、午後はピーカン照りの好天となった。峠の見晴台では、霧が晴れ、富士山こそ拝めなかったが、諏訪湖や周辺の町並みが一望でき、その上、桑の実、モミジイチゴ等の山の幸を堪能する事ができた。
塩尻宿には、さまざまな趣向を凝らした「雀おどり」という名のかざりを持つ、個性的な民家が立ち並び、また各家に大切に保存されて来た松その他の植木が並び、行く人の心を慰める。樹齢400~500年の松だとさらりと言ってのける植木屋さんの話に、それを維持してきた住人のご苦労に感心しながら、今回は約15km.の行程を走破。道祖神にまで御柱がほどこされているのも面白いと思った。辛かったのは塩尻宿から駅までの道のり。
c0115922_21541985.jpg
c0115922_21543935.jpgc0115922_21552577.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-07-07 21:58 | 中山道