押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9回目の中山道ウォーク、今回は佐久平駅集合で、茂田井宿まではバスを利用。茂田井宿から長久保宿まで、約9km.を歩く。天候にも恵まれ、満開の桜を愛でながら歩く。今回の参加者に植物に詳しい人がいて、草木の名前や特徴などを教えて貰いながら歩くことが出来た。多勢になると、絵に造詣の深い人、歴史に詳しい人、歌のうまい人など、いろいろな才能を持っている人がいて楽しい。野鳥に詳しい人も参加してくれたら良いねなどと話題に事欠かない。茂田井宿での最初は造り酒屋での試飲。下戸の私は甘酒だけだったが、「歩くのが嫌になるかな」「かえって勢いがつくよ」などと姦しく数種類の酒を楽しむ。宅配便で送る人、リュックなら大丈夫と小ビンを購入する人もいた。昔の姿を色濃く残す街道をゆっくりと歩いて芦田宿へ。お昼を食べようと思っていた食堂はあいにく休みで、仕方が無いから国道に移動。スーパーつるやで昼食を購入、休憩スペースも電子レンジも備わっているので、ラッキーだった。地元の食堂に入るのも楽しみの一つではあるが、そこは臨機応変。うっかり見落として戻ったりした事もあったが、原道が何箇所か残っていて、昔の山道はこんなに狭かったんだと実感。でも舗装された道と違い、足に心地よい感触である。せっかくの原道も寸断されているので、ガードレールの切れ目に有る標識を見て「えっ、こんなとこを通るの?」なんて言いながら、松尾神社の境内に入ると、財産区の山を整備していた村人に会い、お茶をご馳走になった。温かいもてなしに心がじんわり。長久保宿では牛馬宿も一福処も人が居ないまま、解放されており、自分で電気を点けたり消したりするし、お茶も自分で勝手に飲み片付けも自分でするようにと書かれている。いろいろ展示してあるのに無人で大丈夫かとふと心配になったが、中山道を歩く人に不届き者は居ないのかもと考える事にした。行き会う人も皆温かい。世の中まだまだ捨てたものじゃない。
c0115922_2051406.jpg
c0115922_20521985.jpgc0115922_20525120.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-04-26 20:54 | 中山道

ビッグハットで作品展

キルト展に併せて、押し花展も明日24日まで開催されている。県下の押し花愛好家たちの力作がずらりと並んで、圧巻である。私も出展したのだが、今回力が入らず、昨年製作した「龍神の杜」の夕方バージョンでお茶を濁した。同時開催でアレンジ作品の講習会も有り参加。どうしても自分らしさを出す作品作りにばかり偏ってしまうので、初心者の方がとっつきやすい作品作りのノウハウの勉強をした。高度な芸術性のある作品よりも、初心者に自分にも出来そうと思わせることが教室運営のコツだとのこと。台紙に印刷が施されその上に花を置くだけでなからの物ができる事が入り込むきっかけになるのだそうだ。そんなに多勢の生徒さんを抱えても、対処できそうも無いので、私としては細々教室をつづけていけば良いのだけれど、個展でも開くときは、体験スペースで、やってみても良いかな?
c0115922_19584495.jpg
c0115922_19592513.jpgc0115922_19594619.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-04-23 19:59 | 押花

桜咲く懐古園で呈茶

昨日の真冬に後戻りしたような時ならぬ雪も溶け、穏やかな日差しの降り注ぐ懐古園で、ソロプチミスト恒例の春の呈茶が開催された。行きつ戻りつの気候の中で、三分咲きの桜を愛でに、多勢の観光客が朝早くから訪れ、華やかな気分にさせてくれる。抹茶と菓子は無料で振る舞われるのだが、代わりに世界の不幸な子供たちを救うためのユニセフ募金に協力して貰う。ガールスカウトやシグマソサエティーの小諸看護学院の生徒さんたちに、募金活動や呈茶のお手伝いをしてもらったのだが、小さな子供たちの可愛らしい声に誘われて、10万もの募金を集める事ができた。ソロプチミストのメンバーからの募金も合わせて、ユニセフに寄付をするつもりだ。世界的不況の世知辛い世の中なのに、このような善意の募金が集まるのは嬉しい事である。女性の地位向上と子供たちの幸せのために奉仕活動を続けていく事が私たちの目的。単なる募金活動ではない事を皆に理解して貰うようにしなければ・・・
c0115922_21272753.jpg
c0115922_21282141.jpgc0115922_21285858.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-04-18 21:29 |

お弁当作りにあたふた

子供が高校を卒業して以来久しくお弁当など作る機会がなかったが、孫が高校へ我が家から通う事になり、お弁当作りをすることになった。ジジババののんびりした生活から一転、てんやわんやである。電車通学のため、7時半には家を出る。それに間に合わせるためには、いままでの夜更かし生活を改め、少なくとも5時半には起床するようにしないと間に合わない。要領を掴んでくればいいだろうが、食材の量もつい多めになってしまい無駄が発生する。女の子だから、学校生活に慣れたら自分で作ってみたいとは言ってるが、自宅にいるときに、やって来なかったので、前途多難だ。我が家に居る内に少しずつ仕込もうと思ってはいるのだが・・・
c0115922_21305074.jpg
c0115922_2131994.jpgc0115922_21312516.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-04-16 21:31 | 料理