押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0115922_1012346.jpg久しぶりに晴れた佐久平を岩村田宿から望月宿まで、今回参加者は4名、自宅からの歩行距離も含め、
約26278歩の行程。前回より歩行数が多いのに、ウォーキング用のポールを使って歩いたせいか、足への負担が少なかったように感じる。信玄の墓所といわれる「龍雲寺」を先ず最初に訪れた。寺脇に矢ケ崎家の墓所。高校の同期生の家の墓所だそうだが、他に墓は無く、信玄の霊廟を守るかのように建てられているのは、どういう由緒なのか?今度会ったら、詳しく聞いてみなければなるまい。次は今回参加者である、旧姓依田さんの菩提寺である西念寺へ。彼女の生家は岩村田宿で問屋を開業していた「依田清左衛門家」小諸藩5万石時代の藩主仙石秀久公の想像していたよりかなり小さい墓のすぐそばに墓所がありついでにお参り。
甲州街道と中山道の分岐点から塩名田宿を目指す。栄泉の浮世絵に描かれた「相生の松」は、代替わりのものとなってしまったが、深谷の「見返りの松」よりは立派かなと思う。雪を頂いた浅間連山、蓼科山、八ヶ岳、金峰山と360度パノラマの雄大な景色を眺めながら、田んぼの広がる佐久平を行く。藤村の「千曲川旅情の詩」の中の~旅人の群れはいくつか畑中の道を急ぎぬ~が髣髴としてくる。1.2ケ所迷いやすい場所も有ったが、おおむね中山道歩きのための道路標識も整備されていて、安心して歩けた。町並みの保存にも熱心なようで、歩いて楽しい地域であった。わかり難い標識のあった場所で、笹薮の中を歩いてしまったのも、笑い話として許せる。古道として残存しているところも歩いてみたが、昔の道はこんなに狭かったのかと、いまさらながら思う。車でさっと通り抜けてはもったいない。それにしても昔の人の健脚は驚異だ。瓜生坂、われわれは下りでもきつかったが、登りだったらもっと根を上げるだろうな。
c0115922_1091191.jpg
c0115922_10111861.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-03-28 10:12 | 中山道

スノーシューイング体験

高峰高原で、スキーやスノボーに代わり人気の出てきたスノーシューイングの体験に参加してみた。スノーシューは、いわゆるカンジキのようなもので、裏にスパイクが付いていて、登りもまっすぐに歩けるし、新雪の上でも比較的沈まずに歩けるスグレモノ。林の静寂の中を、木々を渡る風の音を聞きながら歩く、子供から中高年まで楽しめる楽しい冬の楽しみ方だ。急な坂道をお尻で滑り降りる醍醐味も得がたい体験。背中に雪がしこたま入ってしまったけれど、童心に帰って遊べる。抜けるような青空の下、汗ばむほどの陽気の中で約2.5k、3時間弱で、ゆっくり・のんびり楽しんだ。富士山こそ見えなかったが、高峰山、黒斑はもちろん、遠くは四阿山、根子岳、蓼科山、平尾山も望め、雄大な自然に抱かれている事を実感。途中でまだ芽吹きはしてないものの、雪の中でけなげに春を待っている数々の植物の説明も聞け、本当に有意義な日だった。帰りには菱野温泉「常盤館」で、トロッコ電車で登る、「雲の助」という露天風呂に入り、筋肉をほぐして帰還。来年も開催するというので今から楽しみだ。
c0115922_2025469.jpg
c0115922_20253038.jpgc0115922_20261272.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-03-20 20:26

雪のお人形さんめぐり

友人に誘われて、小諸で開催されるという「駅からハイキング」に参加した。朝からの雪で、行くのよそうかとも思ったのだけど、予約したのだからと参加する事にした。出発地点の小諸駅に行ってみると、雪の中、思いの他、大勢の参加者が並んでいるのでびっくりした。ぬかるんで歩きにくい道を歩き始める。大手門公園では、折角咲き始めた紅梅が、雪に震えていたが、それはそれで風情ある趣。馬場裏の藤村旧栖地を通り抜け、市役所前から赤坂、与良をひたすら歩く。虚子庵でお茶の接待を受け一休み。銭蔵、漆蔵を巡り、与良館でまた休憩。雪が降っているので、途中のお雛様はさっと眺めて先を急ぐ。小諸城から移築されたという足柄門の有る光岳寺の山門を見て、本町通へ。ゆもと呉服店で、雛人形と、パッチワーク展を堪能し、お人形さんめぐりの発信地「ほんまち町屋館」で小休止。鍋蓋城跡では、古いたたずまいを楽しみながら、貴重な人形を見る。懐古園の中は、道は悪いし、いつも来ているので割愛。徴古館は、小諸検定でせっかくパスポートをもらったので、見学。係員の方が丁寧に説明してくれた。無料券で散策はしても、施設内は見学しないで済ませてきたが、利用しない手はない。
小諸駅に着いて本日のコース終了。約6kmの行程。足元さえ状態が良ければ、雪の中を歩くのもロマンティック。これを機に近間で開催されるイベントには積極的に参加してみよう。
c0115922_14121515.jpg
c0115922_14124437.jpgc0115922_1413586.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-03-07 14:13