押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いよいよ年末に・・・

今年も余すところ、一ヶ月とちょっと・・・小諸駅前にもイルミネーションの点灯が始まった。
年々飾り付けする家が増えてきて、小諸の町も少し明るくなったみたい。
賛否両論あるけれど、なにかアクションを起こさなければ、町全体が逼塞してしまう。
先頭に立つ人は大変だけれど、あちこちで上げられたのろしが継続的に広がって、元気溢れる町になって欲しいと思う。芸術然り、食の祭典然り、ウォーキングイベント然り、常に何かに挑戦し、住むことが、訪れることが楽しみな町になってくれたら・・・
c0115922_21474840.jpg

[PR]
by hanahenro | 2008-11-16 21:47
小諸商工会議所特産品開発部会の千野部会長が、新聞で栃木県佐野市のご当地グルメ「いもフライ」の記事を見て、今回相生町の「キャンディライト」さんに作成を依頼し、試食会を行った。蒸したジャガイモに衣をつけて揚げ、特製ソースをたっぷり付けた後、串刺しにした物、白土ばれいしょのホクホク感と、サクッとした衣、フルーティーな甘めのソースとの、絶妙なハーモニー。おやつにも酒のつまみにもなる一品。「おいもてなし」のメニューに加えてもらえたら嬉しいかも。ネットで調べたら、栃木、群馬あたりでは昔から食べられているものとかで、いくら参加店が多くても、佐野市が発祥の地として名乗りを上げたのはおかしいとか書かれていた。でもご当地グルメとして活気が出ることは良いことだから、小諸で食べられても良いかもしれない。
c0115922_2218980.jpg

[PR]
by hanahenro | 2008-11-14 22:18
蕎麦打ち自慢の社長さん2人の競演による新蕎麦をご馳走になりに行ってきました。会社の一隅に設えられた工房兼食堂でうんちくを伺いながらいただく。薄緑のヒスイのような蕎麦。美味しさを追求して生まれた、幾日も寝かせた力強いカエシと出し。挽きたて、打ちたて、茹でたての贅沢の極み。天麩羅も用意されていたが、酒のつまみには必要かもしれないけれど、下戸の私には無用。茹でたてを一気にいただく。おっとその前に写真、つい忘れそうになる。茹で時間、盛り付け、一切自分で。打っただけで後は人任せでは満足のいくものは出せないとか。道具立ても半端無い。「コスト考えてたら出せないよ。商売にはならないね」と笑っておられた。
「食べ歩き隊」のためにあちこち食べに行かなくてはならない。またメタボに逆戻りかな?がんばってウォーキングもしなきゃ。
c0115922_2171737.jpg

[PR]
by hanahenro | 2008-11-07 21:07
朝のウォーキングのついでに、懐古園内で開催されてる菊花展を見てきた。
丹精込めて作られた作品に圧倒されてしまう。
紅葉も見頃、撮影会が有るのか、カメラを抱えた人達も大勢。
小春日和の穏やかな日で散歩には最高!
c0115922_15393431.jpg
c0115922_1540491.jpgc0115922_15402965.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-11-02 15:40 |
美里のカフェダイニング「クレッセント」においもてなしメニュー食べに行ってきました。
一品ではちょっと物足りない感があるけれど、あれもこれもと言うときには
嬉しい小ぶりサイズ。チーズが効いてて、おイモと鮭のバランスがとても良い。
28軒有るお店、食べ尽くすのは時間が掛かるぞ。日曜はお休みの店、
夜だけしか開いてないお店等が有るので、さぁ何軒回れるか。
嬉しい挑戦だ!
c0115922_15281051.jpg
c0115922_15283835.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-11-02 15:28 | 料理