押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

祖国を、愛する人達を守るため、戦地に赴いた人達の悲痛な叫び声が聞こえてくるような場所、それが「無言館」です。絵筆を銃に持ち替えて、若くして散った人達の無念の思いを風化させないために建てられた場所。直接戦争の悲惨さを描いている訳ではなく、妻、妹、恋人、自画像等であるだけに、いっそう戦争を二度と起こしてはならないと言う気持ちにさせます。
友人は此処に行くと心がズーンと暗くなるので、近づきたくないと言いますが、本当はちゃんと受け止めてあげなくてはいけないのでしょうね。記念の絵筆のモニュメントに赤ペンキが掛けられていました。心無い人達がいるものです。そういえば、今回は綺麗になっていましたが、パレットのモニュメントも以前やられたんですよね。いろいろな意見を持つ人が居るのは、一向に構わないけれど、他人の信条を犯すことは許されないのではと思います。
c0115922_2124202.jpg
c0115922_21245088.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-09-30 21:25
しばらく途絶えていた、女性会の料理講習会が、会頭の会社の保養施設「糠塚荘」で開催されました。講師は会員内の料理好き2名、安心安全地元産の野菜を使っ「ニョッキグラタン」「ソバ団子」「そばクレープ」「かぼちゃサラダ」等、メンバーもそこはベテラン主婦、あっという間に6種類もの料理が出来上がりアフタヌーンティーが始まりました。天気も良く、庭も綺麗で、料理が美味しいとくれば、当然話が弾みます。後片付けも大勢の力だとたちまち。これで会費500円なんて今時嬉しいですよね。ただお開きが4時過ぎ、自分だけ満腹になって、夕飯のメニューを考えるのが億劫になってしまうのが難点。夕飯はちょっと手抜き!今日教わった料理のコツをこれからの食卓に生かすから、今夜だけは許してね。
c0115922_2233425.jpg
c0115922_2235820.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-09-25 22:16
女性会の県大会で中野に行ってまいりました。創立7年程の若い会のせいか、それとも中野の市民性がそうさせるのか、景気は落ち込んで個人商店が生き延びていくには厳しいものがあると言いながらも、事例発表やおもてなしのイベントも手作り感のある気概にあふれた印象に残る会でした。写真の「月の兎」は土雛工房の型を用い、会員が作成したものに絵付け体験をさせてくれたものです。カレンダーで作ったエコバッグを添えてお土産にいただきました。ラッピング技能の習得により家業の酒店の発展の一役を担い、個々の努力が町全体の活気に繋がる面白さを語った話に感銘を覚えました。翌日は中山晋平記念館や土雛資料館の視察、名前や代表的な作品しか知らなかったのですが、詳しく説明を受け、時代を駆け抜けた偉大な人物に触れることも出来た有意義な二日間を過ごしました。
c0115922_11173229.jpg
c0115922_11182118.jpgc0115922_11184566.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-09-21 11:25
今年は、なんという年でしょうね。2月に父を送り、6月に主人の兄を送り、今回は実家の兄を送りました。半年ほど闘病生活を送っていたので、いずれ別れの時が来ることは覚悟していたつもりだけれど、いざとなると頭の中が真っ白になってしまいます。昨日葬儀を済ませたばかりなので、寂しさや悲しみが強く押し寄せてきているわけではないけれど、67歳と言う早すぎる死が無念です。末期と言う事情もあって、彼には病名を伏せたままにしていたので、元気になって帰る日を信じて前向きな人でした。でも病院に閉じ込める生活が良かったのか、それとも病名を知らせてどう生きるか彼に選択肢を残した方がよかったのか、どちらにも一理あり難しい選択でした。しかしながら一度決めたこと、どうせ還らないものならば後悔すまい。
折に触れ思い出すならば、姿こそ見えないけれど傍にいてくれるような気がします。
c0115922_22241013.jpg

[PR]
by hanahenro | 2008-09-14 22:24
今年も野草採取に行きたくなり行ってまいりました。去年も今頃だったと勢い込んで出かけたのですが、ヤマハハコはベストな状態ではなく、ウメバチソウも例年より少ないかなと感じられました。連綿と続く生命の営みの中で、自分にとってベストな時期を感じ取り花を咲かせるのでしょうね。ヤナギランは夏の花と言うイメージがあったのですが、晩生の花も有るのでしょうか、少しだけ咲いていました。ヤマトリカブト、毒性の強い花と言う印象が強いのですが、花はハッとするほど鮮やかな青い色をしていて遠くからでも目立ちます。マツムシソウは淡い水色の大きめな花を付けて私達を迎えてくれました。ワレモコウも地味な赤ながら、独特な存在感で点在しています。ヤマアザミの赤紫やリンドウの青紫も目に沁みます。萩にはちょっと早かったみたい。ハクサンフウロやネジバナ、その他にもまだ名前を覚えていない野草たちが、車を降りて歩いてみると沢山目につきます。長期予報では今日は雨といわれていましたが、幸い降られることも無く楽しむことが出来ました。c0115922_22154910.jpg
c0115922_22163319.jpg
c0115922_22171565.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-09-07 22:17