押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今朝は雨が降っていたので、お休みしましたが、先日健康診断の結果、メタボはかろうじて免れたものの、「HbAic値6.1で、要観察、食事と運動に留意」となったため、先ずは歩いてみようと、一念発起、我が家の近くにある懐古園内から大手門公園を廻る散歩を始めました。5時から6時の間の4~50分、無理なく、ちょうど良い感じのコースです。けっこう大勢の人が歩いているのには驚きました。せいぜい三日坊主にならないよう努力します。長続きさせるコツは、宣言して引っ込みが付かない状態に追い込むことかと思いご披露しました。
季節の移ろいなど紹介しながらにしたら楽しくなるかもね。青葉が目に沁みます。
c0115922_22171477.jpg
c0115922_22175142.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-06-29 22:18
80年もの長きに亘って、小諸の中心市街地で市民に愛され続けてきた、「成分無調整・低温殺菌」の〔小諸牛乳〕が今月末で、廃業することに決まった。施設の老朽化と、従事者の高齢化で、惜しまれつつ幕を下ろすことになった。私も牛乳大好き人間で、「風呂上りは、ビールならぬ牛乳!」シチューを作るにも水は壜をゆすぐ分だけ、三時にも牛乳といった生活。子供達もそんな環境で育ったため、学校で出る牛乳との味のギャップに苦しんだ経験がある。そんな訳で、パックの牛乳になったら飲まない方がましと思ってしまう。そんな根強い愛好者がいる〔小諸牛乳〕だけど、実際には昭和30年代のピーク時には、一日3000本だった利用者が、800本に減少している現実もある。飼料その他諸物価の高騰等、酪農家にとっても、消費者にとっても厳しい状況で、存続は無理なことも良く分かる。受け入れざるを得ない悲しい現実です。
c0115922_21581966.jpg

[PR]
by hanahenro | 2008-06-19 21:58
小諸市糠地の高台に、Uさんが18年かけてほとんど自力で作られた英国風庭園が有ります。南斜面を利用した広大な緑の絨毯の上にバラやポピー、数えきれないたくさんの花々が咲き競っています。邸内も開放され、「チョウと花」の写真展示の他、Uさんこだわりの小物が、部屋のあちこちにさりげなく飾られ、素敵な空間を作り上げていました。英語学校の先生らしく、キッチンに貼られたメモも英語で・・・テーブルデコレーションのお花も可愛らしく、映画のセットに迷い込んだような錯覚を起こしそうです。
忙しい仕事の合間を縫って、肉体労働は、頭脳労働の彼のリフレッシュのための大切な日課。
アジサイの咲く頃はまた見事だろうなと思いました。
ずくなしな私には到底出来ないことだけど、手入れの行き届いた庭でコーヒーを戴きながらのひと時は至福の時間です。
c0115922_224723100.jpg
c0115922_22474946.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-06-15 22:57
「6月の花嫁は幸せになる」そんな言葉につられて、次々と幸せそうなカップルが誕生していきます。そんなシーンに合わせて作ってみた作品です。人生で一番輝いている時、若いって素晴らしい。長い間にはいろいろな事が有るけれど、結婚はゴールでなく、違った道を歩んで来た二人が同じ方向を向いて歩き出す出発点、
c0115922_22183725.jpg
c0115922_2219488.jpgどうか幸せな家庭を築いて欲しい。
[PR]
by hanahenro | 2008-06-08 22:19
高峰高原でハルザキヤマガラシの駆除作業を行いました。集合時には小雨模様でしたが、せっかくだから決行と決めたら、雨も上がり、薄曇りながら暑すぎず寒すぎず、作業しやすい陽気となりました。総勢40名程で行ったため、庭の草取りならすぐ嫌になってしまうのですが、たちまち綺麗になりました。ショウジョウバカマ、イワカガミ等のピンク色が点在し、ムシカリやイワハタザオの白い花も目を楽しませてくれました。もう少したてば、ヤナギランやニッコウキスゲ、コマクサなどにも出会うことができるでしょう。カーブのきつい山道を登って行くのは大変ですが、小諸市内から30分ほどで、2000mの別天地です。除去作業中にすぐ目の前をカモシカが悠然と通っていきました。4月にオープンした「ビジターセンター」では地元食材にこだわったランチが楽しめます。
c0115922_2156337.jpg
c0115922_21563068.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-06-05 21:56
卯の花くたしの雨が降り、肌寒い日が続きますが、カッと照る日などが有ると、庭のあちこちに雑草がはびこり始めます。手入れ好きの人たちには目の敵の厄介者。でも、彼等無しには絵が描けない私にとって欠かせないアイテム。自由自在に伸び、絡まり素敵な曲線を描き出す、カナムグラ、アケビ、ヘクソカズラ等、押し花素材としてはとっても味の有る存在です。ちょっと虫が喰ったりすると、一層趣きが増して・・・
昨年蒔いたソバも種がこぼれたのか、芽を出してくれ、花が咲き出しました。摘むと次々に咲いてくれ、長く楽しませてくれます。
明日、雨が降らなければ、高峰高原に、高山植物の生態系を壊す嫌われ者のハルザキヤマガラシの駆除をしに行って来ます。花自体は菜の花に似て可愛いのですが、繁殖力が強くて、他の植物を駆逐してしまうのだそうです。
c0115922_2142035.jpg
c0115922_21421490.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-06-04 21:42