押花でメルヘンの世界へ


by hanahenro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:押花( 14 )

永らくのご無沙汰でした。今回は押し花作品のご紹介です。小諸大橋から見た、千曲川の情景を押し花で表してみたくて挑戦。写真と額をUPです。遠景はサニーレタス。中景と近景にクラマゴケ、ヒバ、さまざまなコケ類を使用。崖や石は木の皮。流れは脱脂綿で表現。乞うご批評。
c0115922_213416.jpg
c0115922_21343265.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-10-06 21:34 | 押花

ビッグハットで作品展

キルト展に併せて、押し花展も明日24日まで開催されている。県下の押し花愛好家たちの力作がずらりと並んで、圧巻である。私も出展したのだが、今回力が入らず、昨年製作した「龍神の杜」の夕方バージョンでお茶を濁した。同時開催でアレンジ作品の講習会も有り参加。どうしても自分らしさを出す作品作りにばかり偏ってしまうので、初心者の方がとっつきやすい作品作りのノウハウの勉強をした。高度な芸術性のある作品よりも、初心者に自分にも出来そうと思わせることが教室運営のコツだとのこと。台紙に印刷が施されその上に花を置くだけでなからの物ができる事が入り込むきっかけになるのだそうだ。そんなに多勢の生徒さんを抱えても、対処できそうも無いので、私としては細々教室をつづけていけば良いのだけれど、個展でも開くときは、体験スペースで、やってみても良いかな?
c0115922_19584495.jpg
c0115922_19592513.jpgc0115922_19594619.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-04-23 19:59 | 押花
3/5.6.7に開催される小諸市民総合美術展に出品する押し花作品「雪の白川郷」完成!
掛けた時間だけ、応えてくれるできばえとなった。
4月には長野のビッグハットでコンクールがあるのだが、未発表作品でなければダメというので、構想を練らねばならないが、今は燃え尽き状態。しっかり充電してそれから取り掛かろう。納得のいく作品を作るため、本腰を入れてかからねば。
土曜日は中山道ウォーク。また小諸市内では「お人形さんめぐり」も有る。作画のヒントでも拾えればいいが。
いろいろなものに興味を持ち、アンテナを高く張って、前向きに行こう。
c0115922_20411243.jpg

[PR]
by hanahenro | 2010-02-25 20:41 | 押花

雪景色

だいぶ長い事お休みしてしまいました。更新しないと訪問してくださる人も、必然少なくなってしまいますね。
今回は押し花額を2点展示です。雪国の風景を表現してみました。
屋根に積もった雪は銀ポプラを、地面に積もった雪は脱脂綿を使っています。枯れたヨモギや、木の根、ヤマハハコ、高揚した蔦の葉等が素材に使われているのですが、感じは出ているでしょうか?
皆さんからの批評が待ち遠しいです。
3月の市民総合美術展に出展するつもりです。お近くの方はお出かけください。
c0115922_20184445.jpg
c0115922_2019225.jpg
[PR]
by hanahenro | 2010-01-26 20:19 | 押花
小諸市民や小諸を訪れる人々の憩いの場にしようと、NPO法人「こもろの杜」により運営される「停車場ガーデン」が駅前に作られ、18日オープンの運びとなった。草木に関した、自然素材のクラフトをお土産コーナーに置きたいとのことだったので、私も参加することにした。押し花を配したキャンドルを作って出してみた。値段の設定が難しく、売れるかどうか分からないが、話題づくりに一役買えればと思っている。
c0115922_21445770.jpg

[PR]
by hanahenro | 2009-04-16 21:45 | 押花
4/1~4/8、上田郵便局にて、東信の押し花作家による作品展が開催されます。このところ怠けていたけれど、一念発起仕上げました。私のライフワークであるメルヘンの世界で遊んでみました。お近くの方は実物をぜひご覧くださいね。写真とは違った感動が得られることと思います。題名は「ビバ!カントリーライフ!!」ですが作品にちなんだ短歌と五行歌を一首ずつ「願わくば 木の下蔭で 書を読みて 日がな一日 過ごさせたまえ」「燃えいでし 小さな芽 僕の心に あ! 春が来た」今回2点出しますが、もう一つは「ようこそ マイワールドへ」ご照覧あれ。
c0115922_9511212.jpg
c0115922_9512932.jpg
[PR]
by hanahenro | 2009-03-14 09:53 | 押花
アンテナを常に張っていないと、書きたいものが見えてきません。ただいたずらに日を送ってきてしまいました。あまり長く更新しないでおくと、忘れられてしまうので、押し花作品をご紹介することにしました。ちょっと季節は、ずれてしまったかも知れないけど、滝のほとばしりがイキイキと描けたような気がする1点(冒頭の短歌を冠して)と、私のメインテーマであるメルヘンの1点「お水をどうぞ」(妖精がジョウロを持って駆け回っている)、ご批評等いただけると嬉しいから
c0115922_14195571.jpg
c0115922_14204675.jpg
[PR]
by hanahenro | 2008-10-31 14:13 | 押花
c0115922_22455595.jpg長野県公民館大会が27・28日の両日、小諸市で開催され、県下の公民館関係者が集い、10の分科会に分かれて、「地域の文化と自然」とか、「住民参加」とかについて話し合ったり、「公民館活動と地域の活性化」についてのパネルディスカッション等が有り、「地域課題を明確にし、住民の自治能力と社会連帯意識を高めよう」などの大会スローガンが掲げられました。
私も公民館報の編集委員として、一年半ほど間携わってきたのですが、如何に魅力的な紙面にするかせっかく手を掛けた館報をどれだけ多くの人に読んでもらえるか、課題山積ですが、任期満了まで後半年、もう少し頑張ってみたいと思います。
午後からは、29・30日に開催される総合美術展の飾り付けです。「油絵」「水彩画」「水墨画」「切り絵」「押し花」「写真」「生け花」等、市民の力作が所狭しと並べられます。心豊かに、より良く生きるために、人は芸術を求めるのでしょうね。
c0115922_22423916.jpg

[PR]
by hanahenro | 2007-09-28 22:46 | 押花

芸術の秋動き出す

c0115922_22214766.jpg「いつでもどこでも美術館」を目指して活動を続ける癒し系作家グループ「E・ろいろぶ」に、厚生病院ギャラリーKから展示要請があったので、今回は塩川清子さんの押し花教室の皆さんにご協力いただきました。会期は9月末まで。ほっと心が和む作品が並んで、病院を訪れる患者さんたちに喜んでもらっています。
c0115922_22192118.jpg
c0115922_22195754.jpg
[PR]
by hanahenro | 2007-09-13 22:25 | 押花
9/1~9/3、短期間ですが、土蔵を改造したギャラリー、「紙蔵歩」に於いて、小諸市在住の押し花作家8人による「四季を彩る押し花アート展」が開催されました。その昔、藤村もひいきにしたという「大和屋紙店」所有の、趣のある落ち着いた雰囲気の空間で、押し花とよくマッチした和風のたたずまいが素敵でした。訪れてくださった人たちとの交流も楽しいものでした。
c0115922_23183750.jpg
c0115922_2319523.jpgc0115922_23192588.jpg
[PR]
by hanahenro | 2007-09-03 23:20 | 押花